アレルギー検査希望の方へ🩺

 

⭐当院では診察の上、医師が検査したほうがよいと判断した方に、検査を行っています。

 

患者様ご自身のご希望でアレルギー検査したいという方が多いのですが、お話をききますとアレルギー検査の必要がないということも少なくありません。

また「症状はないけれど、何のアレルギーがあるか調べたい」という方にも、検査をおすすめしません。

検査が必要かどうかは診察してから医師の判断になります。ご了承ください。

 

アレルギーにはタイプがいくつかあります。即時型、遅延型とあり、それぞれ検査方法が異なります。

当院で行うアレルギー検査には採血でできる検査と、パッチテストがあります。

 

採血でできる検査は即時型アレルギーといって、皮膚症状は蕁麻疹です。

アレルギーの原因と考えられる食べ物、飲み物、お薬が体内に入って、すぐに症状がでるタイプのアレルギー反応を即時型といいます。

 

一般的にあるアレルギー検査で測定するアレルゲンは特異的IgE抗体というものが用いられます。

アレルギーにおけるIgEの主な役割は、アレルゲンが体内に侵入したとき、肥満細胞からヒスタミンを中心とする物質を放出させるものです。

そして、このような反応が起こった場合、皮膚症状として蕁麻疹ができます。

もし、IgE抗体が関与する食物アレルギーが本当にあった場合、該当する食べ物を摂取し、15-30分くらいで蕁麻疹がでることになります。

 

血液検査でIgEを測定する検査をIgERAST検査といいますが、これはあくまでも参考程度です。

陰性だから、症状がでないということではないです。

陰性でも症状がでる場合もあり、逆に陽性でも症状がでないこともあるのです。

血液検査すれば100%すべてわかるというものではなく、検査結果の解釈が必要です。

 

かぶれがなおらない、湿疹がずっとある場合や、歯科治療の前に金属アレルギーがないか検査したいというときはパッチテストとなります。採血ではわかりません。

パッチテストを希望される方は、まずは受診していただき、検査方法については診察時に説明致します。

 

また、薬剤アレルギーは、即時型、遅延型と両方のアレルギーが起こりうるため、検査方法はより複雑になります。採血できる検査は陽性度(原因であったも陽性にでる確率が低い)が低いので、パッチテストや内服チャレンジテストなどを行いますが、当院ではできないため、総合病院にご紹介となります。

ご理解、ご了承のほど宜しくお願いいたします。

お辞儀をしている医者のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

2021年9月9日

診療時間・アクセス

〒901-1103
沖縄県島尻郡南風原町字与那覇283
メディカルプラザはえばる1F

診療のお問い合わせは098-987-4346。
診療時間・アクセス
                     
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
14:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前 9:15~/午後 13:45~)

               

※日曜日・祝日休診

※木曜日の午後診療は17:00までとなります。

※土曜日の診療時間は下記のとおりです。
(午前 9:00~12:00/午後 13:30~17:30)

ページのTOPへ移動します。