*乾燥肌対策*

こんにちは。風が心地よく、秋の気配を感じる季節になりましたね。

涼しくなり始める秋は、気温の変化による肌へのダメージを受けやすい季節です。

夏のような肌へのべたつきがなくなる反面、急に肌の乾燥を感じやすくなります。

乾燥肌とは、肌の水分・皮脂が不足して潤いがなくなっている状態で、ドライスキンとも言われます。

入浴後や洗顔後に肌がつっぱる、全身がカサカサする・・・などの症状がみられます。

乾燥肌の症状・原因|くすりと健康の情報局

◇秋の乾燥の原因◇

①夏の紫外線ダメージが影響して、乾燥肌になってしまう

②季節の変わり目で寒暖差が激しくなり、肌にストレスがかかってしまう

③湿度が低くなり始め、肌のバリア機能も低下してしまう。

 

シャワー時にナイロン製のタオルで洗っていませんか?

汚れを落とすことも大切ですが、ゴシゴシとこすりすぎると角質層が傷ついてしまいます。

スポンジやネットで泡立てて、手で洗うことでも乾燥予防になります。

そして、お風呂あがりには全身に保湿剤をぬりましょう。

外用薬と保湿剤の正しい使い方|アレルギーi

 

 

今年は感染対策のためにまめな手洗い・手指消毒を何度も行っていると思います。

回数が多いと皮膚表面をカバーしている皮脂が落ちて乾燥した状態続き、皮膚のバリア機能が低下し肌荒れを引き起こしてしまいます。

予防としてはまめな保湿ケアが必要。

携帯しやすいチューブタイプの保湿剤を用意し、手洗い・消毒のたびに塗るようにしましょう。

乾燥がひどくなると、手指はカサカサ、踵はカチカチ、痛みを伴うひび割れやあかぎれが生じます。

さらに悪化すると、皮脂欠乏性湿疹となり強いかゆみや赤み・水ぶくれの状の湿疹ができてしまいます。

湿疹になってしまうと保湿剤ではケアができないため、湿疹になる前の早めのケア・治療が大切です😊

乾燥の症状のみでも保湿剤の処方(保険適応)ができますので、乾燥してきたなとおもったらお気軽にご相談くださいね。

 

説明する女医 イラスト素材 [ 2973415 ] - フォトライブラリー photolibrary

2020年10月2日

診療時間・アクセス

〒901-1103
沖縄県島尻郡南風原町字与那覇283
メディカルプラザはえばる1F

診療のお問い合わせは098-987-4346。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
14:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後13:45~)

※祝日休診

ページのTOPへ移動します。