アトピー性皮膚炎ってどんな病気?🌼

①アトピー性皮膚炎とはどんな病気?

痒みのある湿疹が慢性的によくなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。

アトピー性皮膚炎は、「赤くなる」「小さいブツブツができる」「皮がカサカサむける」「皮膚が厚くなる」「かざぶたができる」などといった痒みのある湿疹が、慢性的に繰り返す病気です。慢性的とは、1歳未満であれば、2か月以上 1歳以上であれば6か月以上継続している状態をさします。痒みのある湿疹が左右対称に現れるのも特徴です。年齢によっても症状が現れやすい部位は変わります。

アトピー性皮膚炎の症状|疾患ナビ|大正健康ナビ

アトピー性皮膚炎の皮膚は、正常な皮膚と比べバリア機能が低下しており外部からの刺激が簡単に中に入ってきてしまいます。その結果、炎症が起きて様々な症状が現れてしまうのです。

アトピー性皮膚炎の症状・原因|くすりと健康の情報局

②アトピー性皮膚炎の悪化要因とは?

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因は異なりますが、何か一つの要因ではなく、様々な要因が重なり合って起こるケースが多くみられます。代表的なものは、黄色ブドウ球菌、ダニやカビ、汗、ペット、食事バランス、夜型生活や睡眠時間の減少、ストレスなどがあります。

イトマンスイミングスクール|子育て情報WEB

アトピー性皮膚炎が悪いままだと、成長するにつれて喘息などほかのアレルギー症状が出る出るだけではなく、顔(特に目の周り)にアトピー性皮膚炎がある場合には、白内障・網膜剥離を合併することがあります。その他にもかゆみがひどく睡眠障害が起こり、夜間の成長ホルモンの分泌が低下して成長が障害されてしまったり、十分に眠れずに日中の集中力が途切れがちになり、学習に支障が出ることがあります。きれいな皮膚の状態を維持することで成長の障害などの悪影響が起こることを防ぐことができます。

 

③アトピー性皮膚炎は短期間で治るの?

短期間で治ることはありませんが、正しい治療を行うことで症状をコントロールして、湿疹などの症状が出ない状態にすることができ、保湿剤だけで皮膚のつるつるが維持できるようになります。

アトピー性皮膚炎では症状のない状態を続け、皮膚のバリア機能を回復させるために、【薬物療法】【スキンケア】【悪化要因の対策】の3つが治療の基本です。

 

小児科 | アレルギー外来 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

 

 

2020年11月13日

診療時間・アクセス

〒901-1103
沖縄県島尻郡南風原町字与那覇283
メディカルプラザはえばる1F

診療のお問い合わせは098-987-4346。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
14:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:15~/午後13:45~)

※祝日休診

ページのTOPへ移動します。